文字起こしから始まる

先日、高校時代からの友達の結婚式に行ってきた。その友達というのは大学生起業して今や年商20億くらいの会社になっている。銀座に本社を構え、社員が50名くらいいて、もう悠々自適。俺とは偉い違いだわ。その奥さんも北川景子似のドンズバ直球ストレートの美人だ。俺とは完全に対象的な人生じゃん。どこでどうなってこんなに人生って変わるんだろう。彼が表街道のスピードウエイなら俺は裏街道のあぜ道みたいな感じだ。そこで2次会で勇気を出して彼に聞いてみた。どうやったら俺も成功できるか?と。
リスクを抱えて起業してみろと言われた。例えばネットで集客ができるものであれば今は誰でもパソコンとインターネットだけで起業できるんだ、と。俺はハッと気づいたね。同じパソコンとネットを与えられて、彼はビジネス、俺はゲームしかしてないじゃないか。この差か。言われてみたら非常に単純だ。
ということで式が終わった帰りの小田急線の中で必死に考えた。何か俺にできることはないか?お!テープ起こしはどうだろうか?(たまたま前に座っていた親父が読む新聞にテープ起こしを身に着けようみたいな講座の案内が掲載されていた)そこでテープ起こし、文字起こしについて調べてみた。ランサーズを見てもクライアントはけっこういるし、いくらグーグルの音声認識が精度を上げているからとはいえ、この仕事はなくならないことがわかった。
実際日本全国のテープ起こし業者を調べてみた。非常にたくさんあります。明日は休みなので1日でホームページを作って、SEOをかけて集客をしようと思う。3年で彼に負けないくらいの財産を築こうと思う。何事も小さな一歩からだ。文字起こしから俺の第二の人生は始まる!